株式会社名和

超精密シャフト・金属加工ULTRA-PRECISION SHAFTS & METAL PROCESSING

超精密シャフト加工の先駆者(米子工場)

1978年に米子工場でシャフト加工を開始し、当社の金属加工の基礎を創り上げました。 米子工場ではHDD向けモーター用精密シャフトの生産で培った技術をもとに独自のノウハウによるミクロン精度の追求とエアコン・冷蔵庫等の家庭用電気製品など多種多様な製品の生産においてお客様のニーズにお応えした確かな製品作りに努めています。

CNC旋削加工機

CNC旋削加工機

真円度測定器

真円度測定器

製造現場

製造現場

洗浄機

洗浄機

測定室

測定室

転造機

転造機

ミクロン精度の追求と高度な加工技術(上海工場)

当社で生産されるHDD向けモーター用精密シャフトは、ミクロン台の加工精度を保持し、コンピュータの性能向上や記憶容量の増大に大きく貢献しています。こうしたノウハウは、ますます小型・軽量化の進むニーズに的確にお応えし、関連業界から厚い信頼をいただいております。

CNC自動旋盤

CNC自動旋盤

真空熱処理炉

真空熱処理炉

センターレス研磨機

センターレス研磨機

コストメリットを引き出す安定した現地生産(ベトナム工場)

 名和精密ベトナム有限会社は、2008年3月に設立されました。  最新鋭の装置や高度な加工技術で規格公差が厳しい製品をベトナム国内で一貫生産体制を構築することにより、日本品質を安定的に供給する事でコストメリットを最大限に引き出す体制を整えています。

カム式自動盤

カム式自動盤

CNC自動旋盤

CNC自動旋盤

センターレス研磨機

センターレス研磨機

名和の金属加工について

金属加工

弊社の旋削加工は、外径Φ3~Φ15程度のシャフトを得意としております。
(これ以外の径も対応可能な場合がありますので、ご相談ください)
材料は、鉄、ステンレス、真鍮、アルミニウムの実績があります。
加工方法としては、国内ではCNC旋盤による切削加工、海外ではこれに加えセンタレスを中心とした研削加工も自社で対応しております。上海工場では熱処理も可能です。
海外工場では特殊な研削加工も行っておりますので、ご相談ください。
また、自社で対応できない加工や処理についても、協力工場にて対応しますのでお気軽にお問い合わせください。

◆金属加工設備
生産拠点・生産設備

◆名和の金属加工の歴史
草創期には、電力用ブレーカ・モールド・ケース成型に利用する埋め込み金具などの金属部品の製造を行っておりましたが、1985年、国内スピンドルモーターのメーカーより、HDD用超精密シャフトの製造依頼を受けました。それまで、弊社で加工していた金属部品の要求公差は100分台というものが主でしたが、超精密シャフトの要求公差は1,000分台以下と厳しいこともあり、円筒研磨機、センターレス研削機などの設備を整え、1986年、HDD用シャフトの 研磨工場を米子に新設し、試行錯誤の末、高品質の製品を安定供給することに成功いたしました。
その後プラマグ成型と共に当社生産品目の2本柱になって行きました。

1999年以降、HDD用シャフトの主な生産拠点を上海工場に移し、2008年にはベトナム工場での生産をスタートさせ、最盛期には、全世界における、HDDの月生産量 約3000万台の内、800万台分以上(世界需要の1/4程度)のシャフトを弊社で供給していたという実績もございます。

今日の弊社の金属加工の技術については HDD用シャフトのみではなく、各種モーターシャフトをはじめ電磁弁の中の鉄心、ポンプ用モーターの軸金具、車載用リレー部品等様々な金属部品の加工も行っております。

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る